油のいらないフライパンで油分をカット

油のいらないフライパン

油のいらないフライパンで油分をカット

油のいらないフライパンだからダイエットの敵、油分をカットできる

高級フライパン「ルール」

ダイエットサプリを飲んでいれば我慢しなくても良いといっても、できれば無駄な油分は避けたいもの。

 

毎日の食事で油分って気になりますよねえ。

 

でもハンバーグや餃子、焼きそばにチャーハンなど、油をひかないと焦げ付いちゃいます。

 

そんな時に油が不要で焦げ付かないフライパンがあるとしたら・・・・そこでおススメしたいのが「ルール」の油のいらないフライパンです。

 

ダイヤモンドとチタンのダブルコーティングされたドイツ製のフライパンで油を使わなくても焦げ付くことが無いのです。

 

 

 

気になる油分をできるだけ抑えることができる!!

 

↓↓↓

 


 

ruhruが選ばれる理由

ruhruの健康フライパンは油が不要なので健康的で環境にやさしい!

通常のフライパンは表面にフッ素がコーティングされていて焦げ付き防止などを謳っていますが、そのほとんどは1年くらいではがれて機能を無くしてしまいます。ruhruの健康フライパンはダイヤモンドとチタンをメーカー独自のナノコーティング技術で製造されているので、それまでの欠点であった塩分や強い火力などによる劣化が少ないのです。

 

だから油を必要としないためにチャーハンやハンバーグなど油を必要とする料理などでより低カロリーな調理ができ、ダイエットをしている方にはピッタリなフライパンと言えます。また、フライパン自体が油を吸収することが無いので洗浄が簡単で後片付けが楽ちんです♪

 

さらには、チタニウムコーティングによる遠赤外線輻射熱効果が、食材の栄養素を破壊しないので、食材の色と味を維持してくれます。

 

フライパンの厚みが違うので調理の仕上がりが違う!

通常のフライパンは、2〜3mm程度で厚くても5mm程度です。これだと熱が早く伝わり過ぎて肉やハンバーグなどを調理するとき表面だけ焼けたように見えても中が生だったり、時間をかけると焦げてしまったりと美味しく焼くことが難しく、特に家庭でハンバーグを焼くことが難しいですね。

 

ruhruルール健康フライパンは、底が8 mm, 側面は3.5 mmの厚さがある100%アルミニウム鋳物で蓄熱力の高いフライパンです。
普通のフライパンより重いのはこうした理由があるからですが、この構造によりしっかりと中まで火が通りふっくらとした美味しい仕上がりになります。

 

ruhruの健康フライパンのIH技術が変形を防止と取っ手の熱

一般のIHフライパンはIHとして使われている「電磁誘導体」が薄いので熱の伝わり方にムラがあったり、変形の原因になったりします。ruhruルール健康フライパンに埋め込まれている「電磁誘導体」は厚みがあり、なおかつフライパンの底に厚みがあるので熱が均一に伝わりフライパンの変形がありません。
また、ドイツで特許を得ている構造で取ってに熱が伝わることが無く、連結部分がゆるんだり、壊れたりしません。

 

品質に自信があるから10年保証

ruhruルール健康フライパンは10年間何度でもコーティングしてもらえる保証付き
1年以内なら無償、2年目以降でもドイツへの送料とコーティング代金合わせて5000円で何度でも保証してもらえます。

ルール体験者の声

一人暮らしをするようになり、自炊しなければならないということで、 最初は安いフライパンを購入しようと思ったのですが、 友人から、「長持ちするものを購入したほうが、長い目で見ればお得」とアドバイスされたので、ruhru健康フライパンを購入しました。 油を使わなくていいし、 焦げ付かないので洗剤や大量に使う必要がなく、環境にやさしくて経済的なフライパンだと感じました。 忙しい時には冷凍餃子や冷凍肉まんなどを食べていたのですが、ruhru健康フライパンで調理すると、中までしっかり火が通るうえ、香ばしく仕上がるので美味しく仕上がります。 今では、嫌いな料理が楽しみになりました。もうこのフライパンは手放せません。

 

今までは安物のフライパンを使っていましたがテフロンがすぐに駄目になり、ネット通販などで何かいいものがないか探していました。フライパンでもコーティングの厚いものがないか探していたところ、ruhru健康フライパンを発見。若干重いのが気になりますが、油不要で調理ができ、後片付けも簡単なので、時間がないときにはありがたいです。毎朝目玉焼きを焼いていますが、パリッと仕上がるので、家族からの評判がいいですね。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ