痩せる体質になる方法

痩せる体質 方法

痩せる体質になる方法

痩せる体質になるには太ももを鍛える

ダイエットの基本は基礎代謝であることはよく知られていますが、
基礎代謝を高めるには筋肉を鍛えることが最も効果的です。

 

ちなみに基礎代謝の内訳は

 

筋肉が38%
肝臓が12.4%
胃腸が7.6%

 

となっており、筋肉が基礎代謝全体の4割近くを占めているのが判ります。

 

筋肉と言っても人間の体で非常にたくさんの筋肉がありますが、
最も体積が大きいとされるのが太ももの筋肉です。

 

人間の筋肉は体重を支えるので下半身に70%も占められており、筋力だけでなく血液をスムーズに循環させることでも大きな役割を担っています。

 

特にふくらはぎの筋肉は静脈の弁を動かして血液を心臓に送り込む働きがあり、いかに下半身の筋力が大切なのかが判ります。

 

その太ももの筋肉を鍛えることで、成長ホルモンがたくさん分泌され痩せやすい体質になるということです。さらに太ももを鍛えることで、ついでに下半身全体の筋力も強化されるので、将来の「ロコモティブシンドローム」や生活習慣病の予防にもなります。

 

太ももの筋肉を鍛える方法

 

太ももを鍛えるにはスクワットが最も効果的です。
両足を肩幅くらい広げて立ち、両手は後頭部に当てておきます。

 

ゆっくりと膝を曲げて、90度くらいになったらまた元に戻します。このときに注意することは膝を前に出さないことです。意識としてはお尻を突き出して体重はかかとの方に乗せる感じです。また、できるだけゆっくりと行うことです。

 

体力にも個人差がありますので、もし膝を曲げる角度が90度でキツク感じたら100度でもかまいません。無理のない範囲でスクワットをしましょう。この運動を15分行うのが理想です。

 

なお、膝を突き出してスクワットをすると膝関節を痛める原因になるので注意しましょう。

 

次に太ももを持ち上げる運動です。

 

両足をそろえて立ち、片方の膝を曲げて腰のあたりまで持ち上げます。着地はつま先からかかとの順です。この運動を両足15分行うのが理想です。

 

両方の運動で計30分とちょっときついかもしれませんが、最初は短い時間で続けてもOKです。
こうした運動は“若返り”効果があるとされており、ダイエットだけでなく老後の生活を左右すると言っても過言ではありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ